クリスマスやバレンタインデーで女性が男性に贈るプレゼントの定番と言えば、なんといってもマフラー(防寒具としての役割だけでなく、ファッションアイテムとしても注目されています)ですよね。そして、マフラーは編み物の中でも比較的簡単で、編み物初心者(何事にも初めてということはありますが、とにかく素直に教えを請うのが一番でしょう)でも手軽で簡単に始めることができるために、手編みのマフラーをプレゼントする女性も少なくないのではないかと思います。しかし、もらう側の男性は、手編みのマフラーのことを実際のところどのように思っているのでしょう。女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の中には、男性に手編みのマフラー(巻き方にも色々あり、それによって?象を変えることができるものです)をプレゼントすると、なんだか重たい女だと思われそうで嫌だという方も少なくないかもしれませんね。でも、意外な事に、嬉しいと思う男性が多いようですよ。但し、それは、手編みのマフラーを贈る男女関係として、夫婦またはカップルの場合に限られます。奥さんや彼女からの手作りのマフラーなら、多少見栄えが悪くても手間隙や心がこもっていますので、気にならないという人が多いです。好きな人が時間をかけて、自分のために作ってくれたものだといった喜び(何に対して感じるかというのは人によって違うようです)が大きいようです。では、男性が手編みのマフラー(巻き方にも色々あり、それによって?象を変えることができるものです)をもらってこまったり、嬉しくなかったりする時と言うものはどういう時なのでしょうか。それは女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)から一方的に好意を持たれている場合です。好きでもない人からの手編みのマフラー(巻き方にも色々あり、それによって?象を変えることができるものです)のプレゼントは、さほど嬉しくもなく、もらった後の処理に困る男性が多いのだとか。片思い中の男性へのプレゼントは、手編みのマフラーは避け、その人の好みやファッションに合わせたブランド(デザインが好き、コンセプトが好きなど、人それぞれ好きな理由がありますよね)物のマフラーを選ぶようにしてくださいねー